脱うつ!幸せホルモンを自然に調節するには?

セロトニンというホルモンは、人間のほぼすべての行動プロセスに関与していることをご存じでしょうか。感情から消化、運動能力まで、この強力な化学物質は人生と身体機能の非常に多くの側面に影響を与えています。

セロトニンは、必須アミノ酸トリプトファンから生合成される脳内の神経伝達物質のひとつです。視床下部や大脳基底核・延髄の縫線核などに高濃度に分布しています。

別名『しあわせホルモン』と呼ばれ、喜びや快楽、快感を増幅するとされるドーパミン、恐怖や驚きなどによって神経を興奮させるノルアドレナリンと並ぶ三大神経伝達物質の1つです。

脳は緊張やストレスを感じるとセロトニンを分泌し、ノルアドリナリンやドーパミンの働きを制御し、自律神経のバランスを整えて精神を安定させる働きがあります。

ストレスが溜まった時に温泉に入ったり、好きなものを食べたり、リラックス効果のあるマッサージやアロマテラピーで癒されるのは、セロトニンが分泌されて、ノルアドレナリンが減少するからです。

そのため、過度にストレスや疲労が溜まってセロトニンが低下すると、これら2つのコントロールが不安定になりバランスを崩すことで、攻撃性が高まったり、不安やうつ・パニック症(パニック障害)などの精神症状を引き起こすといわれています。

近年、セロトニンの低下の原因に、女性ホルモンの分泌の減少が関係していることが判明し、更年期障害と関わりがあることが知られるようになりました。

セロトニン受容体は、脳内のいたるところに存在し、ある領域から別の領域へメッセージを送る神経伝達物質として働いています。しかし、人体内のセロトニンの大部分は腸に存在し、消化、食欲、代謝、気分、記憶など、多くの生物学的プロセスに影響を及ぼしているのです。

セロトニンレベルを上げることは、うつ病の自然療法として機能し、全体的な気分を改善する可能性があります。しかし、セロトニンをはじめとする神経伝達物質は、体内に過剰に蓄積されることを避けたいものでもあります。そのため、副作用のある抗うつ剤を使用するよりも、自然にレベルを上げる方が良いのです。

セロトニンとは何ですか?

セロトニンは、神経伝達物質として働く化学物質の一種です。神経伝達物質とは、脳のある領域から別の領域に信号を送るのを助けるという働きをしているものです。セロトニンの化学名は、5-ヒドロキシトリプタミンで、5-HTと呼ばれることもあります。神経伝達物質として、神経活動を制御し、神経心理学的プロセスの広い範囲に役割を果たしています。

体内のセロトニンのうち、脳に存在するのはわずか2%で、95%は腸で生成され、ホルモン、内分泌、オートクライン(自己分泌)、パラクライン作用(傍分泌)を調節しています。

脳内では、体内で自然に発生し、神経伝達物質として働き、運動機能、痛みの知覚、食欲を調節するために化学的メッセージまたは信号を脳に送ります。また、心血管機能、エネルギーバランス、消化機能、気分の調節など、さまざまな生物学的プロセスを調節しています。

トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、気分を調整し、ホルモンのバランスを自然に整えることで知られています。トリプトファンは脳内でセロトニンに変換され、他の必須アミノ酸を利用しやすくして、気分のコントロールやストレスホルモンの分泌を抑えるのに役立ちます。

必須アミノ酸やトリプトファンについては、こちらで詳しくまとめています。

https://hatato.net/rice-jiuqu-amazake/

 

セロトニンとドーパミンの比較

セロトニンとドーパミンは具体的にどのような働きをしているのでしょうか?実はどちらもうつ病に関与する神経伝達物質です。

セロトニンは、気分の調整役として機能し、消化や睡眠など、他の多くの身体プロセスにも関与しています。

ドーパミンは、脳の「快楽中枢」と呼ばれる部位に関連しています。ドーパミンは、脳の「快楽中枢」と呼ばれる部分とつながっており、報酬を受けるとドーパミンが体内を駆け巡りますが、ドーパミンが減少すると、やる気の低下や無力感を感じることがあります。

大きな違いは、この2つの神経伝達物質があなたの気分にどのように影響するかということです。ドーパミンは楽しい体験の後に放出され、やる気や興味を変えますが、セロトニンは感情の処理の仕方に影響を与えます。最適な健康のためには、両方のレベルをバランスよく保つ必要があるのです。

 

メンタルヘルスやうつ病との関係

セロトニンは、神経細胞間で信号を伝達し、気分や睡眠に影響を与える脳機能を変化させる働きがあります。

セロトニンのうつ病への関連性は、長年にわたり多くの臨床研究および前臨床研究の焦点となってきました。セロトニンは、ヒトの脳の各領域にある多くの受容体にシグナルを送ることが知られていますが、抗うつ薬としてのセロトニンの正確なメカニズムはまだ解明されていません。

コロンビア大学で行われた研究によると、セロトニンの既知の15種類の受容体の大部分がうつ病やうつ様行動と関連しているが、最も研究が進んでいるのは1Aおよび1B受容体であることが示されています。ヒトの脳画像や遺伝子の研究から、この2つの受容体がうつ病や抗うつ薬治療への反応に関与していることが明らかになっています。(

World Psychiatry誌に掲載されたレビューによると、『セロトニンの機能を損なうと、状況によっては臨床的なうつ病を引き起こす可能性があることを示唆する証拠がある』とされています。さらに、セロトニン機能の低下は、脆弱な人々の気分を低下させる主な効果を持つのではなく、うつ病からの回復を維持する患者の能力を損なう可能性があることを示唆しています。(

これは、単に家族歴のためにうつ病のリスクが高い人と比較して、トリプトファン欠失が、うつ病の既往がある人により顕著であることを示す研究であるため、真実であるようです。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に関する研究によると、セロトニンが私たちの気分に直接作用するのではなく、むしろ自動的な感情反応のポジティブな変化を促進することで、うつ病の症状を和らげることができるかもしれないことを示しています。

 

セロトニンの効果・効能と用途

1. 気分と記憶力の向上脳内セロトニンレベルの低下は、記憶力の低下や気分の落ち込みと関連することが研究で示されています。また、セロトニンとトリプトファンが腸内で脳腸相関を起こし、気分や認知の健康に影響を与えることも分かっています。研究者たちは、食事のトリプトファンレベルを下げると脳のセロトニンレベルが低下することを調べ、うつ病におけるセロトニンの役割を探ることができたのです。(

2. 消化を調節する 体内のセロトニンの95%は腸で作られます。セロトニンは、腸の運動や炎症に関与していることが研究により明らかにされています。5-HTが自然に放出されると、特定の受容体に結合し、腸の運動を開始させます。また、セロトニンは食欲を調節し、消化器官を刺激する食べ物があった場合、より早く排除するためにこの化学物質をより多く生産します。(

3. 痛みを和らげるPain Research and Treatmentに掲載された研究によると、慢性腰痛患者の術後疼痛レベルと血清セロトニンレベルの間に逆相関があることが判明しています。

また、別の研究では、健康なボランティアに急性トリプトファン枯渇を行い、5-HTの機能を操作したところ、熱サーモードに反応する痛みの閾値と耐性が有意に減少したことが明らかにされています。(

4. 血液凝固を促進する 血液凝固を促進するためにも、十分なセロトニンが必要です。この化学物質は血小板で放出され、傷の治癒を助けます。さらに、小さな動脈を狭くして、血栓を形成するように働きます。(

このようにセロトニンの恩恵は治癒のプロセスに役立ちますが、セロトニンが多すぎると冠状動脈性心臓病の原因となる血栓を引き起こすという証拠もあるので、悪影響を防ぐにはセロトニンを正常範囲にとどめることが重要です。(

5. 傷の治癒を助ける International Journal of Molecular Sciencesに掲載された研究によると、セロトニンは火傷患者の皮膚の治癒を促進する治療薬の候補として作用することがわかりました。研究者たちは、セロトニンが火傷のビトロおよびビボモデルにおいて、細胞の移動を著しく促進し、創傷治癒プロセスを改善することを発見しました。(

 

セロトニンの正常な範囲とは?

セロトニンの濃度は、血液検査で調べることができます。通常、静脈から血液を採取し、検査機関に送って結果を得ます。セロトニン欠乏症やカルチノイド症候群(セロトニン値が高い)のリスクがある人は、血液検査が必要な場合があります。

セロトニンの正常範囲は、81~262ナノグラム/ミリリットル(血液)です。ただし、正常とみなされる値は変化する場合があるため、医療従事者と相談することが最善です。

 

欠乏症の症状と原因

セロトニンの機能低下は、うつ病、不安症、強迫行為、攻撃性、物質乱用、季節性情動障害、過食症、小児期の多動、性欲過多、躁病、統合失調症、行動障害などの精神疾患と関連があることが研究により明らかになっています。(

セロトニン低下症状には以下のようなものがあります。

  • 抑うつ気分
  • 不安感
  • パニック発作
  • 攻撃性
  • イライラ
  • 睡眠障害
  • 食欲の変化
  • 慢性的な痛み
  • 記憶力の低下
  • 消化器系の問題
  • 頭痛

 

セロトニンが少なくなる原因は何ですか?

セロトニンは、化学物質と受容体の複雑なシステムの一部です。セロトニンレベルが低い場合、他の神経伝達物質が不足している可能性があり、それがこのような顕著な症状を引き起こすのです。セロトニン不足の原因は、研究者にもはっきりとは分かっていませんが、遺伝や食生活の乱れ、生活習慣が原因である可能性があります。

慢性的なストレスを抱えていたり、重金属や農薬などの有害物質にさらされていたりすると、セロトニン不足のリスクが高くなる可能性があります。その他、日光不足、特定の薬の長期服用なども原因となる場合があります。

 

欠乏症の治療法

医薬品を使わずにセロトニンのレベルを上げる、天然のセロトニン食品とブースターがあります。

1. 抗炎症作用のある食品腸の健康状態が、セロトニンの生成能力を左右することをご存知ですか?腸の健康を改善し、善玉菌と悪玉菌のバランスを促進する抗炎症性の食品を食べることが重要です。例えば、天然のサーモン、卵、葉物野菜、ナッツ類、新鮮な野菜などが挙げられます。

腸内の善玉菌を最大限に増やすには、プロバイオティクス食品も効果的です。ケフィア、コンブチャ、プロバイオティクスヨーグルト、アップルサイダービネガーなどを食べたり飲んだりすると、腸の健康状態を改善するのに有効です。アボカド、ココナッツオイル、エクストラバージンオリーブオイル、ギーなどのヘルシーな脂肪も、炎症を抑え、セロトニンの自然な産生を促進するのに役立ちます。

2. 運動 運動は、神経伝達物質であるドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンを調節するため、脳機能に有益な効果をもたらすことが研究で明らかにされています。これらの化学伝達物質は、運動に貢献し、脳機能に影響を与え、さらには神経疾患の改善にもつながります。(10

3. 十分な日光を浴びるセロトニンという神経伝達物質は、日光を十分に浴びないとうまく生成されません。実は日光とセロトニンの生成には直接的な関係があるという研究結果があります。日光を浴びることで、脳内で化学物質が放出されると考えられているのです。このことは、セロトニンのレベルが低いことが季節性情動障害(SAD)と関連していることの、少なくとも一部分を説明することができるかもしれません。(11

4. トリプトファン Nutrients誌に掲載された研究によると、トリプトファンの摂取量が減少すると、幸福感を高める特定の脳活動が著しく低下することが分かっています。ある研究によると、患者は1日6グラムのL-トリプトファンを摂取すると、気分障害、依存症、ホルモンの問題などに関連するネガティブな症状を下げることに成功することが多いそうです。この量のトリプトファンを数ヶ月間毎日摂取することで、気分の落ち込み、イライラ、緊張、落ち着きのなさが減少することが分かっています。(12

5. 5-HTP 5-HTP(5-Hydroxytryptophan)は、体内で自然に生成されるアミノ酸の一種です。セロトニンの生成に使用されるため、5-HTPサプリメントは、気分を改善し、うつ病の症状を軽減するためによく使用される理由です。5-HTPのサプリメントは、オンラインや健康食品店で見つけることができます。

しかし、研究者は、アミノ酸の不均衡を避けるために、5-HTPサプリメントは慎重に、医師のケアの下で使用されることを推奨しています。(13

 

SSRIの使用と副作用

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は、脳内のセロトニン濃度を高めることによって、うつ病の症状を改善するために使用されます。最も一般的なSSRIには、プロザックとゾロフトがあります。

神経心理学的研究によると、健常者とうつ病患者の両方において、SSRIの投与により、感情に左右される情報に対する脳の反応の仕方がポジティブに変化したことが示されています。(14

しかし、他の研究では異なる結果が報告されており、SSRIに反応する患者は50%に過ぎず、有効な寛解が起こるのは30%未満であることが示唆されており、新しい抗うつ薬の戦略が必要であることが示されています。(15

SSRIは世界で最も多く処方されている抗うつ薬ですが、副作用の可能性がないわけではありません。最も一般的な副作用には、眠気、吐き気、神経質、めまい、頭痛、下痢、睡眠障害、性的問題、目のかすみなどがあります。

また、SSRIは特定の薬と相互作用し、一部の医薬品やハーブサプリメントと併用すると、危険な作用を及ぼすことがあります。相互作用の可能性については、必ず医療従事者に相談してください。

そして、SSRIを止めた後に禁断症状に似た症状が出る危険性があります。これらの症状には、不安感、めまい、吐き気、インフルエンザのような症状などがあります。

SSRIに加え、うつ病に使用される別の種類の薬剤は、セロトニン・ノルエピネフリン再取込阻害薬、またはSNRIと呼ばれています。これらの薬は、セロトニンとノルエピネフリン(別の神経伝達物質)の両方のレベルを増加させます。

 

セロトニン症候群の原因と治療法

セロトニン症候群は、セロトニン中毒の一種で、化学物質が体内に大量に蓄積されることです。これは、セロトニン濃度を上げる薬を2種類以上服用したり、薬と一部のハーブサプリメントを併用することで起こることがあります。また、LSD、コカイン、エクスタシー、アンフェタミンなどの違法薬物の乱用も、この状態を引き起こす可能性があります。

最も一般的なセロトニン症候群の症状は、不安、落ち着きのなさ、興奮、発汗、錯乱です。さらに深刻なケースでは、筋肉の痙攣、筋肉のこわばり、不整脈、高血圧、高熱、発作などの健康問題を引き起こすこともあります。

また、セロトニンレベルが高いと、骨への影響から骨粗鬆症のリスクが高まるという研究結果もあります。これらの症状に気づいた場合は、医療機関に相談してください。

セロトニン症候群の治療には、化学物質の濃度を高くしている薬や薬剤を断つことが必要です。また、ペリアクチンなど、神経伝達物質の産生を阻害するために使用される薬もあります。

 

注意事項および薬物相互作用

セロトニン濃度の低さや高さが気になる場合は、医療機関に相談してください。不足を補うために錠剤やサプリメントを使用する前に、特に、すでに薬を服用している場合は、相互作用を避けるために、医師等の助言を求めてください。

妊娠中や授乳中のセロトニンサプリメントの使用を支持する十分な研究はありませんので、使用する前に必ず医療従事者に尋ねてください。

 

まとめ

セロトニンの定義は、脳と腸の中で生成される神経伝達物質です。脳内の受容体にメッセージを送り、体のいくつかのプロセスを可能にする。セロトニンは体の多くの部分に影響を与え、体内の化学的バランスをとることができます。

ドーパミンとセロトニンは同じものですか?いいえ。どちらも気分や感情に関与する神経伝達物質ですが、異なるものです。セロトニン分子は人生の出来事に対する感情的な反応を変化させ、ドーパミンは快楽的な経験に影響されます。

セロトニンが正常なレベルであれば、気分はまあ普通です。しかし、セロトニンレベルが高すぎても低すぎても、悪影響が生じます。体内で適切な量のセロトニンが生成されていれば、規則正しい睡眠が得られるはずですが、多すぎても少なすぎても、睡眠機能障害につながる可能性があります。

濃度が高すぎるとどうなる?セロトニンが体内で過剰に分泌されると、不安感や落ち着きのなさ、心拍数の上昇、高熱などを引き起こす「セロトニン症候群」と呼ばれる状態になることがあります。

レベルが低い人には、通常トリプトファンまたは5-HTPの形をしたサプリメントが、不足を改善するのに役立つかもしれません。また、運動や日光浴、健康的な食事、抗炎症作用のある食事が、自然にレベルを上げるのに役立つという研究結果もあります。

正常範囲のセロトニンの量は今後変わる可能性もあり、治療薬については、長期的に見てみると効果がはっきりしていません。長期的に服用してしまうと、断薬時の反動が懸念されます。

また、それぞれが深く関連しているホルモンの一部を不自然に調整すると、さらにバランスを崩してしまうことになります。

人間は朝起きて日光を浴びることで体内リズムを整えて生きてきました。薬に頼る前にまず、偉大な自然の力でからだを整えてみませんか?

https://hatato.net/sunshine_vitamind/

 

https://hatato.net/sunlight_power/
]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました